二日市のイマがわかる

NEW

お知らせ

悩みごと相談・無料法律相談実施のお知らせ

悩みごと相談・無料法律相談実施のお知らせ

 相談は無料です。プライバシーはきちんと守られます。

定例人権(悩みごと)相談

日時

平成30年6月1日(金曜日) 10時から15時まで ※予約不要

場所

筑紫野市役所 第13会議室

相談担当

人権擁護委員

相談内容

 いじめ、差別、虐待、近隣や家庭内のもめごと、人権問題に関する相談など
※福岡法務局筑紫支局では、職員が毎日(土曜日、日曜日、祝日を除く)、人権擁護委員が月曜日、水曜日、金曜日に相談を受けています。
(相談ダイヤル 0570-003-110

問い合わせ先

総務部人権政策課 092-923-1111(内線429)
福岡法務局筑紫支局  092-922-2881 

近隣開催の定例人権相談

 場合によって、日程・場所等を変更することもありますので、広報等で確認されるか、各市町にご確認くださいますようお願いします。    

◆春日市役所
日程:6月1日(金曜日)
問い合わせ先:春日市役所 092-584-1111

◆大野城市総合福祉センター
日程:6月1日(金曜日)
問い合わせ先:大野城市役所 092-501-2211

◆那珂川町中央公民館
日程:6月1日(金曜日)
問い合わせ先:那珂川町役場 092-953-2211

◆太宰府市役所
日程:6月1日(金曜日)
問い合わせ先:太宰府市役所 092-921-2121

無料法律相談(法テラス福岡主催分)

 日本司法支援センター(法テラス福岡)では、下記のとおり無料法律相談所を開設しています。

日時

平成30年6月21日(木曜日) 13時から16時まで ※1人30分程度

場所

福岡法務局筑紫支局1階相談室

相談担当

弁護士

相談受付

電話による予約制(先着6人) ※通常は資力基準を満たす人を対象としています。

申し込みおよび問い合わせ先

法テラス福岡 050-3383-5502

 このほかにも、市主催や県主催の無料法律相談を行っています。

その他の人権相談窓口

◆女性の人権ホットライン    0570-070-810(全国共通ナビダイヤル)
 または福岡 092-715-6138

◆子どもの人権110番    0120-007-110(全国共通フリーダイヤル)
 または福岡 092-715-6112

 両電話相談とも土曜日、日曜日、祝日を除く、8時30分から17時15分まで。それ以外の時間は留守番電話対応。

お問い合わせ先

担当部署:総務部 人権政策・男女共同参画課
電話番号:092-923-1111
ファックス番号:092-923-9644

市役所HP

NEW

お知らせ

5/21(月)~5/25(金)の給食の献立のお知らせ

5/21(月)~5/25(金)の給食の献立のお知らせ

 本日5/21(月)から5/25(金)までの給食メニューをお知らせします。
 ぜひお気に入りに追加して、お子さんの健康管理や毎日の献立にご活用ください(^O^)

5月21日(月)
※中学校体育会の代休・予備日のため小学校のみ実施
麦ごはん
あさり入り麻婆豆腐
春雨の酢の物
オレンジ  
牛乳

5月22日(火)
※中学校体育会の代休・予備日のため小学校のみ実施
麦ごはん
すまし汁
あじの塩焼
ひじきの煮物
豆乳ムース 
牛乳

5月23日(水)
※中学校体育会代休・予備日のため小学校のみ実施
ワンローフパン
ミネストローネ
カレーコロッケ
ブロッコリーサラダ
牛乳

5月24日(木)
麦ごはん
昆布と野菜の煮物
いわし佃煮
れんこんサラダ
牛乳      

5月25日(金)
麦ごはん
呉汁
豚肉の生姜焼
新ごぼうの金平
一食いりこ
牛乳

小学校・中学校の献立表

小学校の献立(pdf)

小学校の献立及び材料(pdf)

中学校の献立(pdf)

中学校の献立及び材料(pdf)

市役所HP

お知らせ

小学校の特別支援教育支援員の登録を受け付けています!!

小学校の特別支援教育支援員の登録を受け付けています!!

1.支援員として、次のような人の登録を受け付けています。

・健康で、特別支援学級に対し深い理解をもつ人
・特別支援学級児童・生徒の介助に専念できる人
・その他、支援員として不適な事由がない人

2.勤務内容

 特別支援学級に在籍する児童・生徒の介助

3.勤務時間

週5日程度(1日5時間)、8時30分から15時30分までの間
※勤務時間などは、学校により異なる場合があります。
※夏休みなど、学校の休業期間はお休みになります。

4.時給

1時間913円(平成30年度)

5.申込方法

 臨時職員登録申込書に必要事項を記入して、市教育委員会学校教育課へ持参してください。
 受付後は、名簿に登録されている人から必要に応じて選考採用します。登録のあった順番に採用されるということではありませんのでご注意ください。

臨時職員登録申込書ダウンロード(PDF)

6.その他

 登録後、必要に応じ市教育委員会からご連絡します。詳しい勤務条件等は、採用時にお知らせします。
 採用期間によって、雇用保険に加入することがあります。

お問い合わせ先

担当部署:教育部 学校教育課
電話番号:092-923-1111
ファックス番号:092-923-9644

広報ちくしの

お知らせ

自分の合った食事の量、手のひらで計れるって知ってましたか?

自分の合った食事の量、手のひらで計れるって知ってましたか?

手ばかり食事法をご紹介します!

 手ばかり食事法は、1日に何をどれくらい食べてよいか、自分に合った量を手を使って量る方法です。
『毎食食べるもの』と『1日の中で食べるもの』に分けてご紹介します。


毎食食べよう~主食、主菜、副菜の量~

 バランスよく食べるためのコツは主食、主菜、副菜の3つを揃えることです。毎食食べましょう。

主食(ご飯・パン・麺など)

1日に3杯
『両手を包み軽く1杯』が1食の目安です。

主菜(肉・魚・卵・大豆製品など)

1日に両手に薄くのる量
厚さの目安は2cm位です

副菜(野菜・海藻・きのこなど)

1日に5皿
手のひらサイズの大きさが目安です

※福岡県は、主菜(肉・魚のグループ)を食べる量が多く、
  副菜(野菜・きのこのグループ)を食べる量が少ない傾向にあります。

1日の中で食べよう~果物・牛乳・油の量~

 毎食食べなくても良いものです。1日の中で食べるようにしましょう。

果物(→柿・りんご・すいか・みかんなど)


1日に片方の手のひらにのる量
他の果物の場合は、柿1個分の大きさを目安にしてください

牛乳(ヨーグルトなど)


1日にコップ1杯
180mlが目安です

油(バター・マヨネーズ・ドレッシングなど)


1日にマルの大きさ

 

いかがでしたか?普段食べている食事の量とぜひ比べてみてください。
手ばかり食事法のチラシはこちらをクリックしてください。(PDF)


お問い合わせ先

担当部署:健康福祉部 健康推進課
電話番号:092-920-8611
ファックス番号:092-926-6006

市役所HP

お知らせ

育児に関する悩みごと、相談してみませんか

育児に関する悩みごと、相談してみませんか

 保健師・助産師・管理栄養士・歯科衛生士・保育士・看護師が、子育てに関するいろいろな相談に応じます。(計測のみも可)

日程

5月23日(水)

受付時間

◇午前の部
9時45分~10時30分

※事前予約はできません。

場所

カミーリヤ1階多目的ホール

対象

就学前の子どもと保護者

持参品

母子健康手帳

問い合わせ先

子育て支援課 母子児童担当(カミーリヤ内)
TEL:092-920-8611
FAX:092-926-6006

 

広報ちくしの

お知らせ

市立小中学校に勤務する講師を募集しています!!

市立小中学校に勤務する講師を募集しています!!

 平成30年度、筑紫野市の小中学校にて勤務可能な講師を募集しております。教員免許状を持っていて、小中学校の講師として勤務できる人は、市の「臨時職員任用候補者名簿登録申込書」にて登録をお願いします。また、現在、教員免許状更新講習を受講していない人で、教員免許の有効期限が過ぎている人でも、更新講習を受講することで教員免許が有効になりますので、ご興味がある人は、ご連絡をお願いします。
 また、知り合いの人などで、教員免許状を持っている人がいる場合は、このことについてぜひご紹介ください。

申し込み方法は

筑紫野市臨時職員任用候補者名簿登録申込書(PDF)」に、資格証または登録証の写しを添えて、郵送または持参してください。

あて先

郵便番号818-8686 
 筑紫野市二日市西1丁目1番1号   
 筑紫野市企画政策部人事課

時給等の内容については、こちらへ

筑紫野市臨時職員任用候補者名簿登録申込書の記入例について

◇希望職種の「5.その他」を選択し、記入欄に「講師」と記入ください。
◇免許・資格欄に、現在所持している教育職員関連の免許状について記入ください。

※市に提出された後、雇用形態について直接ご連絡をさせていただきます。
詳しい様式例については、こちらへ(PDF)

(参考)県費講師募集について

福岡教育事務所発行の「講師募集ポスター」(PDF)

お問い合わせ先

担当部署:教育部 学校教育課
電話番号:092-923-1111
ファックス番号:092-923-9644

市役所HP

お知らせ

一回だけのつもりが定期購入に!?通販はしっかり確認しましょう

一回だけのつもりが定期購入に!?通販はしっかり確認しましょう

 ここ数年、インターネットでの通信販売で、一回だけの「お試し」のつもりで申し込んだら定期購入契約だったという苦情が全国的に多く発生しています。購入時の分かりにくい広告が原因だったこともあり、このたび、法律が改正され、定期購入だということを分かりやすく表示することが義務付けられました。(平成29年12月1日から)
 販売サイトの表示も読みやすく改善されつつあるようです。

 一方、消費生活センターに寄せられる相談の中には、サイトに定期購入について詳しく記載されていても、購入する人が「規約をよく読まなかった、確認しなかった」と言われることがあります。

 インターネットによる通信販売は、消費者が自分で選んで自ら注文するという購入方法です。書かれている条件や規約などの大切な情報は、購入する側もしっかり読んで理解してください。分からないところは購入前に直接問い合わせをしてみましょう。その段階で消費生活センターにお尋ねいただければ、一緒に販売店に問い合わせたり、調べたりなどの協力ができます。
 手間はかかりますが、トラブルを未然に防ぐために自分でできる対策です。

広報ちくしの

イベント

ピーチタルト、作ってみませんか?お菓子作り講座受講生募集中!

ピーチタルト、作ってみませんか?お菓子作り講座受講生募集中!

ちくしの文化講座 1day講座

心と体にやさしいお菓子作り講座
~マクロビピーチタルト・甘酒アイス作り~

(講座番号B-4)

 忙しい毎日に心と体をリラックスさせてくれる甘いスイーツはホッとさせてくれます。
 だからこそおいしくて、しかも体に優しいスイーツを楽しみたいですよね。
 ヘルシーかつ美容と健康にもばっちりな、簡単でおいしい健康的なナチュラルスイーツを作りましょう!

日時

7月19日(木)
10時から13時まで

場所

筑紫野市生涯学習センター2階調理室

受講料

1,020円(振り込み)

材料費

1,500円(当日払い)

託児費

500円(当日払い)1人/1回

メニュー

マクロビピーチタルト
甘酒アイス
その他

対象,定員

成人,15人

講師

松川直子(薬膳食育インストラクター)

募集状況

延期募集中

申し込み方法

延期募集につき電話で受け付けます。下記、生涯学習課までお申し込みください。

【申し込み先】
生涯学習課「ちくしの文化講座」係
電話番号:092-918-3535(代表)

託児について(定員あり)

対象:6か月から就学前まで
料金:1人1回500円(当日払い)
託児を希望する人は、申し込み時に子どもの名前、年齢(何歳何か月)をお知らせください。

「ちくしの文化講座」受講のきまり(お申し込みの前に必ずご覧ください)

お問い合わせ先

担当部署:教育部 生涯学習課
電話番号:092-918-3535
ファックス番号:092-923-0416

市役所HP

お知らせ

”はしか”患者が発生!筑紫野市近辺は特に要注意!!

”はしか”患者が発生!筑紫野市近辺は特に要注意!!

 今年4月以降、福岡県内で”はしか”患者が発生しています。
 その患者の中には、5/9(水)夜に筑紫野市内の大型商業施設を利用していたそうです。
 また、他の患者は太宰府市内や春日市内の小売店を利用していたため、筑紫野市近辺では特に注意が必要と言えます。

麻しん(はしか)の感染に注意しましょう

 福岡県内でも麻しん患者が発生しています。
 発熱、咳、鼻水、発疹、目の充血など、麻しんに特徴的な症状が疑われる場合は、事前に医療期間へ電話連絡の上、指示に従って受診してください。
 また、受診の際には、感染を拡大させないように公共交通機関などの利用は控えてください。

麻しん(はしか)とは

 麻しん(はしか)は麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症です。
 感染経路としては、空気(飛沫核)感染のほか、飛沫感染、接触感染などさまざまな経路があります。
 感染力はきわめて強く、麻しんの免疫を持たない人が感染するとほぼ100%症状が現れ、一度感染して発症すると一生免疫が持続すると言われています。

麻しん(はしか)の症状

 麻しんウイルスの感染後、10日から12日間の潜伏期ののち、発熱や咳などの症状で発症します。

 38℃前後の発熱が2から4日間続き、倦怠感、上気道炎症状(咳、鼻水、くしゃみなど)、結膜炎症状(結膜充血、目やに、光をまぶしく感じるなど)が現れて次第に強くなります。
 発疹が現れる1から2日前ごろに口の中の粘膜に1mm程度の白い小さな斑点(コプリック斑)が出現します。コプリック斑は麻しんに特徴的な症状ですが、発疹出現後2日目を過ぎるころまでに消えてしまいます。

 コプリック斑出現後、体温は一旦下がりますが、再び高熱が出るとともに、赤い発疹が出現し全身に広がります。

 発疹出現後3から4日で回復に向かい、合併症がない限り7から10日後には主症状は回復しますが、免疫力が低下するため、しばらくは他の感染症に罹ると重症になりやすく、体力などが戻って来るのに1か月くらいかかることも珍しくありません。

 麻しんに伴って肺炎、中耳炎、脳炎などさまざまな合併症がみられることがあります。特に、脳炎は頻度は低い(1000人に1人)ものの死亡することがあり、注意が必要です。

麻しん(はしか)の予防について

 麻疹は、接触、飛沫、空気 (飛沫核)のいずれの感染経路でも感染します。
 麻疹ウイルスの直径は100~250nmであり、飛沫核の状態で空中を浮遊し、それを吸い込むことで感染しますので、マスクでの予防は難しくなります。

麻しんの予防、感染の拡大防止には、予防接種が効果的です。

 麻しんの定期接種対象者は、予防接種を受けましょう。

【麻しんの定期予防接種対象者】
 1歳児、小学校入学前1年間の幼児の方は、無料で接種できます。

成人の麻しん患者の割合が増加しています。
 医療・教育関係者や海外渡航を計画している成人も、麻しんの罹患歴や接種歴が明らかでない場合は予防接種を検討してください。

関連情報

麻しん(はしか)に関する注意情報 (福岡県)
→今回の患者が感染した可能性の高い場所と日時の記載があります。

麻しんについて(厚生労働省)

お問い合わせ先

担当部署:健康福祉部 健康推進課
電話番号:092-920-8611
ファックス番号:092-926-6006

広報ちくしの