特定外来生物などの外来種の取り扱いに注意しましょう!

お知らせ

特定外来生物などの外来種の取り扱いに注意しましょう!

外来種とは

 外来種とは、もともとその地域にいなかった生物のうち、国内、海外を問わず他の地域から人間の活動によって持ち込まれたものです。

 一方で、その地域にもとから生息・生育していた生物を「在来種」と言います。

侵略的外来種とは

 侵略的外来種とは、外来種のうち、農林水産物の食害などによる人間活動への被害や、捕食や競合による生態系への悪影響、交雑による遺伝子のかく乱など、地域の自然環境に大きな影響を与え、生物多様性を脅かすおそれのあるものです。

 「侵略的」というと、恐ろしい・悪い生き物かと思われがちですが、本来の生息地ではごく普通の生物として生活していたもので、その生物自体に問題があるというわけではありません。人間によって、たまたま持ち込まれた場所の条件が、大きな影響を引き起こす要因を持っていたということなのです。

 環境省および農林水産省において、日本における侵略的外来種を整理した「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(生態系被害防止外来種リスト)」が作成されています。

特定外来生物とは

 特定外来生物とは、外来生物(海外を起源とする外来種)のうち、生態系、人の生命・身体、農林水産業への被害を及ぼすもの、または及ぼすおそれがあるものの中から、指定されたものです。

 特定外来生物に指定されたものについては、外来生物法において、以下のようなことが原則禁止されています。

・飼育、栽培、保管および運搬
・輸入、販売および譲渡
・野外へ放つ、植えるおよび撒くこと など

 特定外来生物は、たとえば野外に放たれて定着してしまった場合、人の生命・身体、農林水産業、生態系にとても大きな影響を与える可能性があるため、場合によっては厳しい罰則が科せられます。

未判定外来生物とは

 未判定外来生物とは、特定外来生物とは別に、生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼす疑いがあるか、実態がよく分かっていない海外起源の外来生物が指定され、輸入する場合は事前に主務大臣に対して届け出る必要があります。

外来生物による被害を予防する為に

 環境省では、侵略的な外来生物による被害を未然に防ぐため、外来種被害予防三原則を提唱しています。

・入れない  悪影響を及ぼすおそれのある外来種を自然分布域から非分布域へ「入れない」。
・捨てない  飼養・栽培している外来種を適切に管理し、「捨てない」(逃がさない・放さない・逸出させないことを含む)。
・拡げない  既に野外にいる外来種を他地域に「拡げない」(増やさないことを含む)。   

ペットを飼う前に

 自然界で見つかる外来生物の中には、もともと人間の都合でペットとして連れて来られ、飼いきれなくなって捨てられたものもいます。ペットを飼い始めたら最後まで面倒を見ましょう。

 ペットも私たちと同じように命ある生きものです。一生を終えるときまで、責任を持って一緒に暮らしてあげてください。

 ペットを飼う前には、以下のような点についてよく調べておきましょう。

・どのくらいの大きさになるのか
・どのくらいの期間を生きるのか
・大人になって気性が荒くなったりしないか など

関連リンク

環境省ホームページ「日本の外来種対策」
福岡県保健環境研究所ホームページ「外来種」
福岡県庁ホームページ「外来種と外来生物法」
福岡県庁ホームページ「福岡県内で確認された特定外来生物」
福岡県庁ホームページ 「特定外来生物「セアカゴケグモ」に注意してください。」
福岡県庁ホームページ「特定外来生物「ヒアリ」および「アカカミアリ」に関するお知らせ」
福岡県庁ホームページ「特定外来生物「ツマアカスズメバチ」に関するお知らせ」
福岡県庁ホームページ「外来魚防除マニュアル」
福岡県庁ホームページ特定外来生物アライグマの県内分布」

お問い合わせ先

担当部署:環境経済部 環境課
電話番号:092-923-1111
ファックス番号:092-923-9642