備えていますか?ペットの災害対策!

お知らせ

備えていますか?ペットの災害対策!

 災害はいつ、どこで発生するか予想ができません。いざという時に飼い主とペットが一緒に安全な場所に避難(同行避難)するためには、飼い主自身が日ごろから災害に対する備えをしておくことが求められます。ペットの身の安全を守るため、必要なことを確認しておきましょう。

①しつけと健康管理

・ケージやキャリーバッグに入ることを嫌がる、人やほかの動物を怖がるなどのことがないよう慣らしておく。
・決められた場所で排せつができるようにする。
・ワクチンなどを接種し、寄生虫の予防、駆除を行い清潔にしておく。犬の場合は狂犬病予防接種を行う。
・不妊去勢手術を行う。
・「待て」「おいで」「お座り」「伏せ」など基本的なしつけをする。

②迷子にならないための対策

・登録鑑札と狂犬病予防注射済票の装着(犬の場合)
※これらは、狂犬病予防法で装着が義務付けられています。
・首輪と迷子札の装着
・マイクロチップの装着

③ペットのための備蓄

優先順位1

・定期薬
・療法食
・フードと水(7日分以上)
・キャリバッグやケージ
・予備の首輪、リード(伸びないもの)
・トイレ用品(ペットシーツ、排せつ物処理用具など)
・食器
・ケージまたはキャリーケース

優先順位2

・飼い主と、飼主以外のペットに関する連絡先、預け先
・動物の写真
・ワクチン接種歴、既往症、健康状態、かかりつけ病院など

問い合わせ先

筑紫野市役所 環境課
TEL:092-923-1111